アスタキサンチンの効果を取り入れてウルツヤ肌になる7つの方法

シャケ
赤みがかかったオレンジ色のコスメ、「アスタキサンチン」という成分が・美肌・美白に良いと評判です。このアスタキサンチンとは、どのような成分で、どうお肌に良いのでしょうか。注目を集めるアスタキサンチンの驚きの効果やアスタキサンチンでウルツヤ肌になれる方法をご紹介いたします。



アスタキサンチンの効果を取り入れてウルツヤ肌になる7つの方
ステップ1:アスタキサンチンは、天然由来成分?赤い色の理由とは


アスタキサンチンの特徴として赤みがかかったオレンジ色をしていることが挙げられます。これは、薬などの成分から来ているのではありません。

アスタキサンチンが赤みがかったオレンジ色をしているのは、トマトに含まれている赤色のリコピンや人参に含まれている濃いオレンジ色のβ-カロテンの同様に天然色素「カロテノイド」の仲間だからです。

アスタキサンチンは、世界の海を回遊する鮭にパワーを与えそして産卵した卵を紫外線から守ります。このことから、アスタキサンチンは健康面への効能があるのではないかと注目され研究されたのです。

ステップ2:アスタキサンチンの最大の効能は、優れた抗酸化作用にあった


体内では、日々、代謝などに伴い、活性酸素が発生します。
活性酸素は、体内に侵入してくるウィルスなど
外敵をその強い酸化力で撃退する頼もしい存在なのですが
ストレスなどで過剰に発生すると
正常な細胞を壊しはじめる厄介な存在に変わります。

活性酸素が正常な細胞を破壊すると
細胞が劣化して皮膚や内臓など
あらゆる箇所が劣化・老化してしまいます。
その活性酸素を除去したり
悪い働きを抑えるのが「抗酸化作用」です。

アスタキサンチンには、大変強力な抗酸化作用があります。
数値に表すと
・トマトに含まれるリコピンの1,6倍
・人参に含まれるβ-カロテンの4,9倍
・レモンに含まれるビタミンCと比較すると
なんと6000倍もの差があります。

さらに、ほとんどの抗酸化成分は細胞膜を通り抜けることができませんが
アスタキサンチンは細胞膜を通り抜けて細胞全体を守ることができます。

こうしたことから、アスタキサンチンには、身体の細胞一つ一つの老化を防ぎ
生き生きと若く保つ驚異的なパワーが秘められているのです。

ステップ3:アスタキサンチンを食べて、身体の中からうるうるに潤いましょう


アスタキサンチンを食べると、全身で抗酸化作用を発揮してくれます。
活性酸素の働きが抑えられ、細胞が生き生きとし始めると
血管が丈夫になり体中に新鮮な酸素が行き渡ります。

その結果、内蔵の働きがよくなり、デトックス効果があがります。
そして、肌や髪に潤いが増し、ツヤツヤになるのです。
アスタキサンチンを多く含む食品といえば、鮭です。
鮭は、アスタキサンチンをなるべくたくさん含む
身の赤いものを選びましょう。

アスタキサンチンの理想的な一日の摂取量は、6mgと言われています。
鮭の切り身に換算すると、3切れ程度です。

アスタキサンチンは、加熱しても壊れにくいため
お刺身やカルパッチョなどの冷たい料理から
塩焼きや鍋など、温かい料理まで幅広く楽しむことができます。

鮭はどこででも手に入りやすく価格も安定しています。
レパートリーが広く飽きにくいので、続けやすいのもおすすめポイントです。

また、鮭には、良質なたんぱく質や脂質も多く含まれています。
皮の内側や骨の周辺には
お肌をプルプルにしてくれるコラーゲンもたっぷりついています。
しかも、うれしいことに、肉と比べると
食べても身体に脂肪がつきにくいため
ダイエットにも良いときているので、いいことづくしですね。

ステップ4:アスタキサンチンのバリアーで、紫外線に負けない肌へ


肌の老化の一番の原因は、紫外線です。
アウトドアで日焼けしてしまった場合はもちろん
日常生活で少しずつ浴びている紫外線もシミやシワの原因になります。

紫外線を浴びると、肌は大きなストレスを感じ
次々と活性酸素が発生してしまいます。
過剰な活性酸素はお肌の正常な細胞を傷つけてしまうため
肌が老化していくのです。

その点、アスタキサンチンを肌に塗ると、活性酸素の働きを抑え
かつメラニンの生成を抑えてくれるため
紫外線を浴びても赤くなったりしにくくなります。

いわば、肌にバリアーを張るようなものです。
アスタキサンチンが配合されたローションをたっぷり塗って
紫外線に負けない肌になりましょう。

ステップ5:焼けてしまった肌も、美白肌へ導いてくれるアスタキサンチン


アスタキサンチンは、紫外線に当たっても
日焼けしにくい肌にしてくれるだけではありません。
アスタキサンチンのさらに素晴らしいところは
紫外線で焼けてしまった肌も、救ってくれるところです。

日焼けは、いわば火傷と同じです。
紫外線で焼けたお肌は砂漠のように乾燥し、深いシワを刻みます。
とくに目尻は、位置が高く紫外線を浴びやすい上に皮膚が薄いため
一旦シワができるとなかなか回復しません。

しかし、実験では、アスタキサンチンのサプリメントとコスメを併用して約8週間で
シワができた目尻のお肌に弾力が戻ってきたという結果が出ました。

また、メラニンが生成されて目立つシミとなってしまった箇所に
同じく8週間サプリメントとコスメを併用した結果
シミの面積があきらかに減少しました。

さらに、日焼けによって肌の水分や脂質のバランスが崩れ
荒れてしまった状態の肌も、アスタキサンチンのサプリメントとコスメでバランスを取り戻し
皮脂浮きが改善されました。

ステップ6:アスタキサンチンのクリームで、うるおいを閉じ込めましょう


アスタキサンチンの化粧水で肌にバリアーをかけ
アスタキサンチンをしっかり食べて肌がうるうるに潤ったら
アスタキサンチンの配合されたクリームやジェルで
そのうるおいをしっかり閉じ込めましょう。

アスタキサンチンのクリームは、アスタキサンチンの化粧水よりも高濃度にアスタキサンチンが配合された贅沢なものも少なくありません。

エアコンや季節の乾燥、睡眠不足、喫煙やアルコールなど
常にストレスにさらされているお肌に、お休み前のご褒美として
クリームやジェルをたっぷり与えましょう。

アスタキサンチンのクリームやジェルを塗ってしっかり睡眠をとった朝は
驚きのモチモチ感を体験することができます。

ステップ7:アスタキサンチンとともに配合されている美容成分、おすすめはこの2つ


アスタキサンチンを配合したスキンケア商品には
アスタキサンチンのほかに美容成分が配合されているものがあります。

●おすすめの美容成分の一つ目は
コラーゲンです。

コラーゲンは、肌の弾力を支えてくれるクッション剤、ぷるぷるな肌には欠かせません。
ただしコラーゲンは、紫外線に弱く、肌のコラーゲンが日焼けにより壊れたり失われることで、肌のハリが失われ、シワにつながります。
そこで鮭の卵も守るほど、紫外線に強いアスタキサンチンとともに配合することで
肌の弾力を効果的に保つことができます。

●おすすめの美容成分二つ目は
ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸は、肌の水分量を保ってくれますが
紫外線に当たっても、日焼けしにくくバリアーを張るアスタキサンチンと
水分を保つヒアルロン酸を同時に肌に届けることで
肌のうるおいを逃さない相乗効果が生まれます。


さてさて今回ご紹介いたしました、アスタキサンチンの効果を取り入れてウルツヤ肌になる7つの方法はいかがでしたか?

食べてよし、塗ってよし、日常の紫外線やストレスから肌を守り、ウルツヤ肌を実現してくれるアスタキサンチン。
ぜひ生活に取り入れて、手軽に美肌を手に入れましょう。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.