スプーン1杯のアボカドオイルで美に差を出す7つの要点

アボカド
8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s
オリーブオイルやココナッツオイルなど、健康や美容によいオイルを食生活に取り入れて美しくなるのは、キレイを磨く女性にはもはや常識となりつつあります。そんな中、とくに注目を集めているのが、アボカドオイルです。そこで今回は、スプーン1杯のアボカドで美しさに差が出るポイントをご紹介いたします。



スプーン1杯のアボカドオイルで美に差を出す7つの要点
ポイント1:アボカドとは?植物の実なのに濃厚なコクと栄養たっぷり!


アボカドオイルとは、文字通りアボカドの実をぎゅっとしぼって精製されたオイルです。アボカドは、中南米原産のクスノキ科の樹木になる実です。
700年以上も前から栽培されており、日本には100年前に入ってきました。アボカドは、ワニのうろこを思わせる硬い皮をめくると、ねっとりとした濃厚な味わいの果肉が顔を出します。

また、ビタミンE、ビタミンB6などのビタミン群のほか、カリウムや鉄・リンなどのミネラルもたっぷり含まれています。そのため、古くから「森のバター」と呼ばれています。植物の実には珍しいねっとりとした濃厚な味わいの元は、豊富な脂肪分です。この脂肪分は身体に溜まりにくく、血液をサラサラにしてくれます。

こんな「スーパー・フルーツ」アボカドを絞ったオイルですから、スプーン一杯でも、大きなパワーを発揮してくれます。

ポイント2:抗酸化作用で、アンチエイジング⑴


■豊富なビタミンE
アボカドに豊富なビタミンEが含まれていることは古くから知られていました。
ビタミンEは、別名「若返りのビタミン」と呼ばれています。
私たちの身体の細胞では、日々活性酸素が発生しています。
本来活性酸素はウィルスや異物などから身体を守る役割をは持っているのですが、増えすぎると一転、細胞を傷つけてしまいます。細胞が傷つくと、シミやシワなど老化現象やがんをはじめとする疾患の原因になってしまいます。

ビタミンEは、細胞膜に多く含まれ、細胞に含まれる遺伝子や核などを守っています。アボカドによってビタミンEをたっぷり摂ると、細胞壁がより強くなり、活性酸素によって傷つけられる被害を防ぐことができます。

活性酸素に負けない細胞は、紫外線やストレスにさらされても、ツヤのある健康的な肌・髪を作るのです。

ポイント3:抗酸化作用で、アンチエイジング⑵


<コエンザイムQ10>
また、アボカドには補酵素・コエンザイムQ10が豊富に含まれています。
コエンザイムQ10は、増えすぎた活性酸素を除去する強い抗酸化作用があることから、コスメやサプリの材料としても大人気です。

アボカドの抗酸化作用は、活性酸素から細胞を守る、そして活性酸素そのものを除去するという、二段構えといえます。
そんなアボカドをギュッと凝縮したアボカドオイルは、細胞レベルから若々しさを保つことができるのです。

ポイント4:血行促進で、透明感のある肌に


ビタミンEが「若返りのビタミン」とよばれる所以は、他にもあります。
ビタミンEを摂ると、指先などに張り巡らされている抹消血管が拡張します。
女性に冷え性が多い原因の一つに、男性に比べて筋肉の量や働きが少ないことが挙げられます。

血流を助けるポンプの役割をする筋肉が少ないと、血流が滞りがちになり、とくに抹消血管に十分に血液が行き渡らないため、手足の指先などが冷えるのです。その点、ビタミンEは末梢血管を拡張して、より血液が流れやすくするのを助けてくれます。

抹消血管の血流がよくなると、大きな血管の血流も促進され、全身にくまなく新鮮な血液が行き渡っていきます。血行が改善されると、肌の基礎部分を支えるコラーゲンの生成も促されます。そして、紫外線を浴びてしまっても、肌のターンオーバーが正常になるため、古い角質が自然に剥がれていきます。こうして、くすみやしみの無い、透明感のある肌がよみがえるのです。

ポイント5:食べても太りにくい、嬉しい体質にアボカドのねっとりとした食感の元は豊富な脂肪酸!


「脂肪酸」と聞くと太るのでは?とも思ってしまいますが、アボカドに含まれている脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸です。オレイン酸はアボカドの他オリーブオイルやヒマワリオイルにも含まれていて、コレステロールを下げる働きがあります。

コレステロールには動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールと、古いコレステロールを回収して肝臓に送ってくれる善玉コレステロールとがあります。オレイン酸のすばらしい点は、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やしてくれるところです。

コレステロールは本来細胞膜を作ったり栄養分を効率よく分解吸収する働きを支えていますので、善玉コレステロールが活躍すると、食べたものから速やかに栄養を分解吸収します。
つまり、脂肪としてためこむことを防ぐことができ、太りにくい身体にしてくれるのです。

ポイント6:毎朝すっきりお通じで、むくみ知らずに


ストレスや無理なダイエット、運動不足など様々な原因で陥りがちなのが、便秘です。便秘は、お腹が張るなどの不快な症状だけではなく、むくみやくすみ肌の原因になります。その点、オレイン酸は腸の働きを活発にしてくれます。
オレイン酸は小腸で消化吸収されにくいという性質があるため、食物繊維のように腸を刺激して、お通じを促してくれるのです。

朝食の際に、温かいスープやお味噌汁にスプーン一杯のアボカドオイルを垂らして飲んでみましょう。
眠っている間に冷えた内蔵がじわじわと温まり、腸が快適に目覚めます。
そして、アボカドオイルの優しい刺激によって、自然なお通じがやってきます。

ポイント7:ダイエットしながら美肌作り


アボカドには、植物には珍しくタンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質は、筋肉のほか、身体のあらゆる機能を制御する様々なホルモンや神経伝達物質の原料となり、糖質・脂質と並ぶ三大栄養素です。

タンパク質は肉に多く含まれていますが、肉にはタンパク質とともに脂質も含まれているため、多く摂りすぎると肥満につながるほか、悪玉コレステロールも増えてしまいます。そんなことからダイエットをしているときは肉類を控えることが多いものですが、あまりに制限してしまうとタンパク質が不足してしまうことになります。
タンパク質が不足すると、代謝が低下するため、むくんでしまいます。
そして、筋肉量が低下するためエネルギー代謝が落ちてしまいます。

つまり、タンパク質不足の食事はかえって身体のラインをくずし、さらには肌あれの原因にもなるのです。

その点、アボカドオイルに含まれているタンパク質は必須アミノ酸の「リジン」「メチオニン」などから成る、良質なものです。身体の器官の働きを正常にし、筋肉や肌の調子を整えるうえ、血管も上部にしてくれます。

ダイエットをする場合は、脂質の多い肉類のかわりにアボカドオイルをサラダにかけるなどしてタンパク質を補いましょう。


さてさて今回ご紹介いたしました、スプーン1杯のアボカドオイルで美に差を出す7つの要点はいかがでしたか?アボカドには豊富な栄養素がぎゅっと凝縮されていますので、大量に摂取する必要はありません。朝食のスープや、ランチのサラダドレッシングなどにスプーン1杯をくわえるだけで良いのです。自然の恵み・アボカドオイルを手軽に取り入れて、美しさに差をつけましょう。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.