美肌を手にしたキレイ女子がこよなく愛する食べ物10選

女性
美肌を手に入れるのに、最も大切なのは日々の食事です。なぜなら私たちの細胞・肌は、口にする飲み物・食べ物から成っているのです。「まごわやさしい」という言葉を聞いたことはありますか?これは、医学博士の吉村裕之先生が提唱する、バランスのよい食事を実現する食材の頭文字です。

「まごわやさしい」の7つの食材は、美肌作りにも欠かせません。美肌を手にしたキレイ女子がこよなく愛する食べ物のなかでも、「まごわやさしい」を中心に、手に入りやすいおすすめの10選をご紹介いたします。


美肌を手にしたキレイ女子がこよなく愛する食べ物10選
美肌を作る食べ物1:「豆類」


人間の細胞を形成する重要な要素・タンパク質は、美肌作りの基礎です。
日々滞りなく新しい細胞が形作られると、肌の弾力がアップします。
また、古くなった肌の下からフレッシュな肌ができて角質などを押し上げるので、ターンオーバーが整います。

さらに、植物性タンパク質は動物性タンパク質と異なり、コレステロールを含まず、脂肪分も少ないので、ダイエットにも向いています。

■豆類の代表格が、大豆です。
大豆には、タンパク質に加え、抗酸化作用と女性ホルモンに類似した働きのあるイソフラボンが豊富です。

また、加工食品が豊富に揃っていますので、毎日大豆食品を摂りましょう。

■おすすめの大豆食品
・豆腐
少量パックを常備して冷奴や湯豆腐にすれば手間もかかりません。

・納豆
嫌いでなければ常備しておき、おやつや夜食に食べましょう。

寝る前にキムチやゴマなどを加えて食べると便秘が解消します。

美肌を作る食べ物2:「ゴマ」


■セサミン
ゴマには豊富なセサミンが含まれています。セサミンは高い抗酸化作用でアンチエイジングに効くほか、高血圧や高コレステロールにも効く万能選手です。とくに肝機能を高めますので、体内の毒素をしっかりデトックスできます。

■食物繊維
ゴマは小粒ながら食物繊維が豊富に含まれており、腸内にたまった食べ物のカスを速やかに排出する手助けをするほか、糖の吸収を穏やかにしてくれます。
このダブルのデトックス効果で、血液がサラサラになり、肌に透明感がでてきます。ゴマの皮は固く消化しづらいため、食べるときはこの皮をしっかり噛むか、すりつぶして食べましょう。

■おすすめの食べ方
ゴマすり機がセットになった容器にゴマを保存し、常に食卓に置きます。
ご飯やサラダ、煮物やパンなど、あらゆる料理に擦ってかけましょう。

美肌を作る食べ物3:「わかめ」


わかめは、古くから日本人の食卓に欠かせない海藻でした。
わかめにかぎらず、昆布やひじき、海苔などは、ノンカロリーにも関わらず、鉄分や亜鉛、マグネシウムなど、豊富なミネラルを含んでいるため、食べると新陳代謝がアップします。その他、βカロテンやヒアルロン酸を増やすムチンも豊富ですので、潤いのあるぷるぷる肌になれるのです。

しかも、米国・ビクトリア大学やフランスのロスコフ海洋生物研究所の研究によると、日本人だけが、海藻を消化する酵素を作り出す腸内細菌を持っているそうです。

せっかく特別な腸内細菌を持っているのですから、積極的に海藻を食べましょう。

■おすすめの海藻食品

・酢昆布・・・お酒のおつまみのイメージがありますが、美肌成分豊富な昆布を、美肌には欠かせない酢で漬けてある上、外出先でも手軽にたべられます。
ダイエット中の間食としてもおすすめです。
よく噛んで食べ、唾液をしっかりだすとさらに美肌の度合いがアップします。

美肌を作る食べ物4:「野菜」


野菜の中でも色の濃い緑黄色野菜には、ビタミン群だけではなく、高い抗酸化作用を持つβカロテンが豊富です。日々のストレスで、活性酸素が過剰になると、細胞が傷ついて老化し、少しの紫外線でもシミ・シワの原因になります。

また、細胞が酸化した血管は巡りが悪くなり、肌もくすんでしまいます。
緑黄色野菜をしっかり食べて、シワ・シミ・くすみ知らずの肌になりましょう。

■おすすめの野菜の摂り方
・朝は、生野菜の酵素を摂る為に、サラダやスムージーでたっぷりいただきます。サラダにゴマとオリーブオイルのドレッシング、そして海藻をトッピングすれば、最強の美肌メニューです。

・昼・夕食では、身体を冷やさないよう、生食は避け温野菜にしましょう。

美肌を作る食べ物5:「魚」


調理の下ごしらえが面倒、生くさい・・日本人の魚離れが深刻になっていますが、美人は魚が大好きです。魚は、低カロリー高タンパクで、旨みが豊富なので、食べごたえがありながら太りにくく、むしろ痩せやすいという女性には大変嬉しい食材なのです。

■おすすめの魚
・マグロ
DHAという必須脂肪酸が豊富ですので、ニキビや肌荒れと無縁の強い美肌を作ります。

・いわし・さんまなどの青い魚
同じく必須脂肪酸であるEPAが豊富です。

・鮭
美肌に直結すると言って過言ではない「アスタキサンチン」が豊富です。
抗酸化パワーは、ビタミンEの1000倍とも言われています。

美肌を作る食べ物6:「しいたけ」


しいたけをはじめ、きのこ類は、ノンカロリーでミネラルが豊富です。
山のきのこ、海の海藻・・いずれも新陳代謝をアップさせてくれます。

また、食物繊維が豊富ですので、腸内環境が整います。
すると、むくみもすっきりし、ハリのあるツヤ肌になるのです。

■おすすめのきのこ
・生のしいたけは、窓辺やベランダで一晩程度干すだけでビタミンDと旨味成分が大幅にアップします。小さくカットして冷凍し、お味噌汁やスープなどに入れると塩分を控えながらも旨味たっぷりの一品に。

・まいたけは、毎日50gを目安に食べると、ダイエット効果がアップします。
なるべく小さく切るのがコツです。カットして冷凍室にストックし、炒め物や汁物、パスタ・・・なんにでも使いましょう。

美肌を作る食べ物7:「いも類」


いも類は、ビタミンCや食物繊維、ミネラルが豊富です。炭水化物がふくまれているため、ダイエットの大敵と思われがちですが、食べ方やタイミングを工夫すれば、かえってダイエットの味方になります。

■おすすめの食べ方
・さつまいも・・焼き芋は、栄養をそのまま閉じ込めた美肌おやつです。
レモンと煮ると、ビタミンC効果が倍増です。

・じゃがいも・・マヨネーズの代わりに豆乳とエゴマ油を使うと、
低カロリーでイソフラボンもたっぷりの一品に。

美肌を作る食べ物8:「フルーツ」


ビタミンCの宝庫であるフルーツは、緑黄色野菜とともに、朝食にたっぷりとりましょう。ドライフルーツは、食物繊維も豊富で自然の甘味があるため、少量ならば感触にも適しています。

美肌を作る食べ物9:「ナッツ」


食塩とオイル無添加のナッツを選びましょう。とくにカシューナッツ・アーモンド・くるみは、不飽和脂肪酸と食物繊維の宝庫です。

1日当たり、片手に軽く山盛り1杯程度ならば太る心配もありません
。砕いてサラダや冷奴にトッピングしたり、口さみしいときに一粒ずつ食べましょう。

美肌を作る食べ物10:「オイル」


美肌を手に入れた女性たちのキッチンには、サラダ油やマーガリンは存在しません。オリーブオイルやゴマ油、えごま油、ココナッツオイル・・
これら不飽和脂肪酸を多く含むオイルを、料理によって使い分けるのが美肌の秘訣です。


さてさて今回ご紹介いたしました、美肌を手にしたキレイ女子がこよなく愛する食べ物10選はいかがでしたか?カロリー計算など一切なくダイエットに成功し、しかも驚く程自然に美肌が手に入ります。また、ナッツやフルーツは美味しく続けられるうれしい食材です。ぜひ日々の食品にこれらを取り入れて、美肌を手にしたキレイ女子の仲間入りを果たしましょう。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.