まぶたの脂肪をおとしてぱっちりアイズになる7つのステップ

0048e66d0353b85535e2d2fbb1f4edb5_s

アイメイクをしてもなんだかあか抜けない…それはまぶたの脂肪が原因です。
まぶたの脂肪をほんのちょっとスッキリさせるだけで、メイクが映えるだけではなく、印象も大きく変わっていきます。
そこで、まぶたの脂肪をすっきりおとしてぱっちりアイズになれるステップをご紹介いたします。



まぶたの脂肪をおとしてぱっちりアイズになる7つのステップ

1:基本的なまぶたの脂肪ケア-①温タオルでむくみをとりましょう


疲れ目や肩こりなどでリンパや血流が滞ると、まぶたもむくんできます。
むくみをとると脂肪も落としやすくなりますので、まずまぶたのむくみ解消から始めましょう。

温パックを習慣にしましょう

レンジなどで温めたタオルと、冷たいタオルを用意します。

、温めたタオルをまぶたに乗せ、じんわりと温めます。

、次に冷やしたタオルを乗せて冷やします。これを交互に数回繰り返すとむくみがすっきりします。
目が疲れているときは、温めるタオルはサイズの大きいものにします。タオルの重みをかけながら温めることでいっそう巡りがよくなります。

疲れているとき、起床時や寝る前に行い、むくみをためないようにすることが大切です。

2:基本的なまぶたの脂肪ケア-②マッサージで巡りをよくしましょう


マッサージを行うことで、まぶたの脂肪が徐々にほぐれて流しやすくなります。また、まぶたの肌のきめが整い、皮膚のたるみをふせぐことができます。

、必ずマッサージクリームやオイルを使用します。クリームやオイルは、手のひらで温めて優しくまぶたに乗せましょう。

、こめかみをぐっ、ぐっと数回押します。

、鼻の付け根と眉の始まる部分のツボをゆっくり押し、手を放してゆっくり押すということを数回繰り返します。

、眉の下をアイホールのくぼみに沿って目頭から目じりまで指の腹でなぞります。

、上まぶたを目頭から目じりまで、さらに、こめかみまでなぞります。
ポイントは、こめかみに流したら、マッサージの最後にはこめかみからフェイスライン、首の側面…と、鎖骨まで流すことです。

3:基本的なまぶたの脂肪ケア-③まぶたの脂肪に効くツボを押しましょう


目の周りには多くのツボがあり、そこを適度に刺激することによってリンパや血液の流れがよくなり、脂肪が落ちやすくなります。

清明(せいめい)

鼻の付け根と眉根の重なる部分です。両手のひらを上に向け、親指の腹を清明に当てて、下から上に向かって押します。
疲れ目回復にも効果があります。

球後(きゅうご)

下まつげに沿って目の下の骨を人差し指でなぞっていき、黒目の端のラインあたりに少しくぼんでいる箇所です。 清潔な指の腹をそっと置き、小刻みに動かします。
かすみ目や充血にも効果があります。

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が分かれているポイントにあります。
寝不足や疲れているときにこのツボを押すと、痛みを感じます。
日常ちょっとした時間にもみほぐすことで、目の周りへの血流がアップします。肩こりにも効果があるツボです。

4:基本的なまぶたの脂肪ケア-④まぶたの筋肉を鍛えましょう!


まぶたは、とても薄くて繊細な作りをしています。そのうえにむくみや脂肪があると、いっそうまぶたが重くなっていきます。
そこで、むくみや脂肪をすっきりさせることと並行して、筋肉も鍛えていきましょう。

、軽く目を閉じます。

、そこから、ぱっと、大きく目を見開きましょう。眉を上げずにまぶただけを動かすのがポイントです。

、目を大きく見開いたまま、目線を上にして、眼球を左右に大きく動かします。

スマートフォンやPCなど、一点を長時間見つめていると、まぶたの筋肉が衰えていきます。
そこで、スマートフォンやPCを使用するときは、ときどき顔を上げてなるべく遠くを見たり、このエクササイズを繰り返しましょう。
毎日の積み重ねが、どんよりまぶたになるか、すっきりまぶたになるかの分かれ目になるのです。

5:まぶたにくっきり二重のくせをつけましょう


アイドルのようなくっきり二重ができると、まつげがあがり、瞳に光が反射して輝きます。
そのため、実際には目の大きさがほとんど変わっていなくても、劇的に印象がアップします。まぶたの脂肪が落ちて来たら、一重まぶたの場合はもちろん、奥二重や薄い二重の場合も、くっきり二重のくせづけをしましょう。

■二重ラインを定着させるトレーニング
、鏡に向かい、ほんの少し顔をうつむき加減にします。
、綿棒で目尻を押さえて、目頭まで二重のラインができたら、理想のラインができるポイントを探します。
、ポイントを決めたらそこで綿棒を動かさず、目じりを下げます。泣きそうな表情を作るのがポイントです。
、目線を上にして、顔や手を動かさず眼球だけ左右をきょろきょろと動かします。

6:即すっきりまぶたになりたいときは


朝起きたらむくんではれぼったくなっていた、パーティなどイベントに出かける…そんなときは、今すぐにすっきりまぶたに仕上げたいものですね。
そういうときの救世主が、ロングセラーの「アイプチ」をはじめとするアイテープです。

■アイテープの種類は大きくわけて3つです

・片面接着タイプ
まぶたに貼って目を開けると自然な二重ラインができます。
テープを貼った上にまぶたがかぶさり、二重のラインがくっきりするというものです。
初心者でも使いやすいのがメリットですが、テープの幅や素材によっては貼っているのがばれやすいのがデメリットです。

・両面接着タイプ
アイプチのように、片面接着の際にかぶさっていた部分も貼り合わせるタイプです。
貼り合わせるため水や汗に強く、くっきりした二重のラインを作れるのがメリットです。
ただ、事前に自分のまぶたに適した位置を確認しておかないと、不自然な仕上がりになったり、テープの端がまぶたにあたって痛くなることがあります。

・ファイバータイプ
糸状のテープで二重のラインを作ってキープするタイプです。
皮膚に密着する面積が少ないため、まぶたがかぶれるリスクが小さいこと、そして、幅広のテープと比べて貼ってあることが周囲の人にわかりづらいというのが最大のメリットです。

ただ、手早く自分の目の形に合ったラインを作るのにコツがいるため、幅広のテープと比べると使い慣れるまでは何度か練習しておくことをおすすめします。

7:半永久的にすっきりまぶたを手に入れるのには


まぶたの脂肪は、毎日ケアすることで格段にすっきりしていきます。
ただ、もともとの脂肪の量や目の形など、効果の出方や速度には個人差があります。
そこで、医療機関で施術を受けるということも選択肢に入れてみてもよいかもしれません。

■値段も時間もお手頃にプチ整形

いわゆる「プチ整形」は埋没法と呼ばれ、、まぶたの裏を糸で留めて二重のラインをつくるというものです。
メスを入れずに糸で留めるだけという安心感と、腫れが少なく日常生活に支障が出にくいのがメリットです。
まぶたの脂肪の量がそれほど多くない場合は、埋没法で二重のラインを作るだけですっきりした印象になります。

■脂肪が多い場合は脂肪をとる施術も

まぶたに脂肪が多いのに埋没法を受けても二重のラインが消えるリスクが高くなります。
そこで、医療機関で施術を受ける際に、脂肪の量もふまえてカウンセリングをうけましょう。
一般的に二重の施術と脂肪をとる施術とは分けて考えられていますので、二重のラインにこだわらず脂肪だけを取り除くことも可能です。
ただ、脂肪をとるには多かれ少なかれまぶたにメスを入れる可能性がありますので腫れの程度はじめリスクを事前に確認しましょう。
切開する方法で脂肪をとったり二重のラインを作ると、半永久的に効果が保たれるという点は、最大のメリットです。


さてさて今回ご紹介いたしました、まぶたの脂肪をおとしてぱっちりアイズになる7つのステップはいかがでしたか?
まぶたの脂肪がすっきりすると、印象が格段にアップしますし、なにより毎日のメイクやおしゃれが楽しくなります。
理想の目元をイメージして、大切な目元をしっかりケアしましょうね。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.