低血圧症を改善するための7つの簡単なポイント

女性
立ちくらみやめまい、頭痛、・・・低血圧の諸症状は、とても辛いものです。疲れやすいと仕事や勉強に集中できず、楽しいことにもやる気が起きません。

低血圧は体質だから仕方ないと思っていませんか?低血圧症を改善してイキイキと楽しく過ごせる簡単なポイントをご紹介いたします。



低血圧症を改善するための7つの簡単なポイント
ポイント1:低血圧症を改善・・・まずその前に!ドクターズチェックをしてみましょう


一口に低血圧症といっても、実は様々な種類に分類できるのです。
代表的なものは以下の3つです。

①二次性低血圧症

病気が原因で引き起こされる低血圧をいいます。
低血圧を引き起こす病気は、循環器系や内分泌系など、様々です。
疾患の治療により低血圧症の症状も改善しますので、まず医療機関で相談してみましょう。

②起立性低血圧

立ち上がったり、横になった状態から起き上がった時などに一時的に低血圧症となる場合です。一時的な症状ならばさほど心配はいらないのですが、
慢性化している場合や症状がきつい場合などは、医療機関で受診しましょう。

③本態性低血圧

低血圧のうち多数を占め、実に80%がこの低血圧症に分類されます。原因がはっきりせず、個人差や季節によっても症状に差があります。

医療機関にかかっても、血圧そのものを高める治療というよりはむしろ頭痛や吐き気など自覚症状を和らげる対処法が行われるのが一般的です。

3つの低血圧症のうち③については、遺伝や生活習慣・生来の体質・環境によるストレスなど、原因が様々です。しかし、諦める必要はありません。
自分でも意識して体質や血行などを改善すれば克服することもできるのです。

知識2:改善ポイント①日常生活に工夫を


血行は身体の基礎的な機能です。基礎的な機能を支えるのは、日常の基礎的な生活習慣です。
まずは、生活習慣を見直してみましょう。

①朝方にシフトしましょう

夜型生活を続けているとしだいに新陳代謝が低下し、自律神経が乱れてきます。

すっきり目覚められなくても、まずは10分ずつでも早い時間に目覚まし時計をセットし、朝日を浴びましょう。

②朝食が一日のリズムをつくる

低血圧症の人は倦怠感などから朝食を抜きがちですが、朝食抜きの生活がさらに低血圧症を悪化させます。

いきなりご飯と味噌汁・・・は難しくても、まずは暖かいスープや味噌汁をゆっくり飲むことから始めましょう。

食後は血液が胃に集中しますので、時間に余裕をもって、朝食後に軽く休憩を入れてから出かけましょう。

③シャワーだけで済ませず、浴槽に浸かりましょう

ぬるめのお湯でも水圧により適度に身体に負荷がかかり血行がよくなります。汗ばむ程度に浸かったら、熱めのお湯と水に近いぬるま湯を交互に手足にかけましょう。

知識3:改善ポイント②血液循環を良くしましょう


低血圧症の人は、足がむくみがちです。
足がむくむと血管が圧迫されてさらに血流が悪くなってしまいます。

①長時間座りっぱなしにならないよう
ときおり立ってトイレなどへまめに通う

②こまめに常温の水を飲む③下半身に血液が集中しすぎないよう、
軽めのサポート機能があるストッキングを履くのがお勧めです。

④深い呼吸をするヨガは、
気持ちよく筋肉や関節をストレッチでき、血行を促進します。

⑤自宅でも簡単にできるお灸をすえてみましょう。
低血圧症の場合は全身の血流やリンパが滞っているため、
心臓から遠い手足の先からすえるのがコツです。

⑥朝晩、パジャマに着替える際にタオルで乾布摩擦しましょう。
低血圧症の場合は肌が弱っていることも多いので
最初はガーゼなどの素材でやさしくなでます。

知識4:改善ポイント③少しずつ、がポイント!やはり運動も不可欠です


低血圧症の人がいきなりランニングや筋肉トレーニングなどをすると、
辛くて運動自体が億劫になってしまいます。

そこで、日常生活の動きに少しずつ負荷をかけることで適度な運動量を確保しましょう。

①キッチンに立っているとき、歯磨きをしているときなどに、かかとの上げ下げをする

②掃除は徹底的に、「手」を使う

雑巾やハンディモップを手に、隅々まで拭きあげましょう。
ピカピカになる達成感が病みつきになります。

③車より自転車、自転車より徒歩で

自転車でいけそうな距離は車より自転車で、徒歩でいけそうな距離は徒歩で向かいましょう。

知識5:改善ポイント④リラックスして、ストレスフリーを目指しましょう


低血圧症による頭痛やめまい、倦怠感などから、心がブルーになりがちです。

仕事や読書にも集中できず、かといって出かけるのも億劫・・・となると、
身体も心も動くことが少なくなるため、ますます気持ちがふさいでしまいます。

そこで、ゆったりとリラックスしてストレスを解消してみましょう。

■音楽療法

音楽には絶大な癒し効果があり、優しいオルゴール、ゆったりしたクラシックなどが特にお勧めです。
頭を空っぽにしてソファに身体を預けて聴くのには歌詞のない曲がよいでしょう。

■アロマテラピー

ベランダでハーブを育てると、生き生きした緑や香りに癒されます。
何かを手入れして育てることが、リラックスにつながるのです。

ローズマリー、ペパーミント、タイム、レモングラス、サフランなど、
低血圧症を穏やかにしてくれるハーブティをいただくのも良いでしょう。

知識6:改善ポイント⑤こんなときは注意しましょう


体質改善は一朝一夕に大きな効果がでるものではありません。

気長に低血圧症と付き合っていく、くらいの前向きな心構えも必要です。
その上で、以下のことに注意しましょう。

■動作はゆったりと

血行を促進するためとはいえ、せかせかと早歩きをしたり、
急に立ち上がると、血流がついてこれずに立ちくらみ・・ということもあります。

立ち上がるとき、寝ている状態から身体を起こすとき、高い場所からものを取るとき・・・
意識して「ゆっくり目」の動作を心がけましょう。

■お酒を飲む時も工夫を

アルコールは急激に血管を拡張しますので、さらに血圧が下がってしまいます。

飲む前に冷奴や枝豆などを食べる、お冷と交互に飲むなどの工夫で
酔いが回るスピードを穏やかにしましょう。

■夏は水分補給を

暑い日は体温を下げようと血管が広がりますので、低血圧がひどくなります。
また、汗をかき脱水症状になると血流が悪くなってしまいます。

そこで、直射日光を避け、こまめに水分を取るようにしましょう。

知識7:病気が原因でなくても・・・症状が重い場合は、治療も視野に入れましょう


疾患が原因となって引き起こす
「二次性低血圧症」でない場合でも、あまりにも症状が辛い場合は、
薬物による治療も視野にいれてみましょう。

医療機関で処方される主な薬物は以下のとおりです。

①昇圧剤
・・・直接的に血圧を上げる薬です。

②副腎ホルモン剤
・・・心臓から送り出される血液の量を増やすために処方されます。

③抗パーキンソン薬
・・・まれにシャイ・ドレーガー症候群といった重度なケースの場合に、
昇圧剤に代わって処方されることがあります。

いずれにしても、必ず医療機関の診察・処方を受けましょう。
辛い症状を改善することで、気持ちが晴れ、体質改善にも取り組みやすくなります。


さてさて今回ご紹介いたしました、低血圧症を改善するための7つの簡単なポイントはいかがでしたか?少しずつ体質改善をしていけば、低血圧症の症状が抑えられるだけではなく、血流もアップしていきます。
根気よく取り組んでみましょう。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.