低血圧に悩むあなたへ 健康で素敵な女性になる6つの知識

女性
低血圧というと、華奢ではかなげで男性から「守ってあげたい」と思われる女性的なイメージを抱き、半ば憧れる人もいるかもしれません。けれども、低血圧の症状は倦怠感やめまいなどに悩まされ、とても辛いものです。

また、身体が思うように動かないことから気持ちもふさいでしまうため、何事にもやる気がおきないこともあります。意外と知られていない低血圧の知識をご紹介いたします。



低血圧に悩むあなたへ 健康で素敵な女性になる6つの知識
知識1:低血圧とはどのような状態をいうのでしょうか?


■低血圧とは、全身の動脈圧の値が正常値と比べて低下している状態をいいます。一般に正常な血圧の値は、最高血圧が140mmHg以下、最低血圧が90mmHg以下とされています。

そして、WHOにより定められた世界的な基準により「最高血圧が100mmHg以下、最低血圧が60mmHg」の状態が低血圧とみなされます。

■低血圧の状態の際に現れる症状は、
頭痛・めまい・立ちくらみ、動悸・息切れ、倦怠感、食欲不振、胸焼け・胃もたれ・・・と全身あるいは全身の各箇所において多岐にわたります。

低血圧のときとは、本来全身に新鮮な酸素を供給するべき血流の勢いが低下している状態であるため、酸素が十分に行き渡らなくなると順次身体の器官が十分に働けなくなります。

とりわけ全身の制御を司る脳は、もともと多くの酸素を必要とするため、低血圧状態によって供給される酸素量が不足すると、たちまち悲鳴をあげます。
それらが頭痛やめまいといった症状となって現れるのです。

知識2:低血圧にも種類があります!その低血圧、もしかして病気の前兆?


■一口に低血圧といっても、いくつかの種類に分類されます。

まず、注意すべきは、二次性低血圧です。これは、疾患が原因で引き起こされる低血圧をいいます。低血圧を引き起こす病気は、循環器系や内分泌系など、様々ですが主なものは以下のとおりです。

●心筋梗塞、心不全などの心疾患。腸閉塞、急性中毒などの消化器官疾患。そして、怪我や手術による急性出血や重度の火傷など。これらの場合は急激に低血圧状態になります。

●貧血、白血病、がん、肝硬変などこれらの場合は、慢性的に低血圧状態が続きます。

■二次性低血圧の場合、先に疾患(一次性疾患)などが先行し、その治療が先立つこともありますが、なかには疾患になかなか気づかず、低血圧症状がきっかけで検査をした結果重大な疾患であることが判明することもあります。

そのため、「低血圧は遺伝だから」「体質だから」と油断せず、一旦は医療機関で相談ないし検査を受けてみましょう。

もし二次性低血圧だと判明した場合、疾患が大事に至らず済むことはもちろん、低血圧の原因である疾患を治療すれば低血圧の辛い症状から解放されることになります。

知識3:血圧の値は正常なのに・・・立ち上がった時に起こりやすい低血圧とは


■低血圧の種類のうち、普段は血圧が低いわけではないのに、立ち上がったり横になった状態から起き上がった時に立ちくらみやめまいがおこるものを、「起立性低血圧」といいます。重症化すると失神する場合もあります。

これは、長時間座っていたり横になっている間に血液が重力に逆らえずに下半身や身体の下部に滞っていたものが、立ち上がったり起き上がったりした際に
心臓まで戻ることが十分にできないことから一時的に低血圧状態になるのが原因です。

病気や体調不良で長く横になっていた場合や、風邪・インフルエンザなどのウィルスに感染したような場合にも起こることがあります。

原因がはっきりしている場合、ほんの一時的な症状ならばさほど心配はいらないのですが、慢性化している場合や、めまいや立ちくらみがなかなか収まらない場合などは、医療機関でさらに原因をたしかめ、治療する必要があります。

知識4:特定の疾病や行為が原因ではない低血圧とは?


■一時的な疾患や怪我、急に立ち上がるといった行動が原因ではなく、常に血圧の値が低い場合の低血圧を「本態性低血圧」といいます。

低血圧の人のうち実に80%がこのタイプに分類されます。原因がはっきりせず、自覚症状の有無やその種類、自覚症状の現れ方など、個人差や季節によって差があります。

自覚症状が辛くて医療機関にかかった場合、とくに原因となる疾患や行動が判明しない場合は、治療をするとしても血圧そのものを上げるというものではなく、頭痛や倦怠感など、低血圧が引き起こす症状の軽減を目的とした治療が行われるのが一般的です。

■また、同一の家系から複数の人に低血圧の症状が見られることが多く、遺伝的な体質であるケースも多数を占めます。

ただし、低血圧の体質が遺伝したからといって必ずしも血圧の値が低くなるというわけではなく、さらに血圧の値が低くても、頭痛やめまいといった自覚症状が現れないケースもあります。

知識5:低血圧の多数を占める「本態性低血圧」は、どんな人に多いのでしょうか?


■本態性低血圧状態の人に多く見られる特徴の一つとして、子供や若い女性であるということが挙げられます。いずれも成人男性と比べて血流を促進する筋肉量が少ないからと考えられています。

■また、「無力性体質」であることも特徴です。無力性体質とは、やせていて筋肉が少ない、青白い顔をしている、疲れやすい・・・などの体質をいいます。

血流を促進するスタミナや筋肉が少ないため血流が滞りがちになり、そのため疲れやすくて食事も進まず運動もできない、そのためスタミナや筋肉がつきにくい・・という悪循環のため低血圧が常態化してしまいがちです。

また、近年問題となっているのが、過度なダイエット志向の高まりを受けて、
年中常にダイエットを意識している女性が急増していることです。

ダイエットを意識するあまり、きちんと主食や野菜などの食事を摂らずにドリンクやサプリメントだけに偏ったり、炭水化物を摂らずにおやつなどでカロリーを補う食生活を長く続けていると、しだいに「無力性体質」になり、低血圧を引き起こすのです。

知識6:本態性低血圧は、克服できる!体質改善のすすめ


遺伝性の体質が原因であっても、間違ったダイエットや生活習慣が原因であっても、体質改善をすることで低血圧を克服することは可能です。

■栄養バランスのとれた食事

大量に食べる必要はありません。スタミナがない場合は無理に肉食をする必要もありません。まず、基本となるのは朝食です。低血圧の場合は朝が辛いと言います。
固形物は難しくても暖かい味噌汁やスープで身体を温め、やさしく目覚めさせてあげましょう。

■質の良い睡眠

低血圧の症状として、眠りが浅い、もしくは朝起きにくいということがあります。15時以降はコーヒー・お茶などの刺激物は避け、夜は暖色系の照明を使用します。激しい運動はかえって不眠のもとですので、寝る前にはストレッチやヨガをして適度に身体を疲労させると、深い眠りが待っています。

■コリを取る

低血圧の場合は血流が滞っているためコリの症状も重くなります。

深い呼吸をしながらストレッチやヨガをする

冷水・温水に交互に足を浸けて交感神経を正常化する。

自宅でできるお灸をすえる

といったことを実践すると血流がよくなり、低血圧の辛い自覚症状が穏やかになります。


さてさて今回ご紹介いたしました、低血圧に悩むあなたへ健康で素敵な女性になる6つの知識はいかがでしたか?低血圧には危険な疾患が潜んでいる可能性があるため、まずは医療機関で相談してみましょう。とくに疾患や行動などが原因でないのであれば、じっくりと体質改善に取り組んでみましょう。低血圧の辛い症状を克服すれば、笑顔の似合う健康で素敵な女性になれるはずです!

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.