リバウンドしないダイエットでキレイにスリムになる5つのポイント

779bd49d0a7478ee935709485ee329e6_s
ダイエットが成功して、すっきりスリムボディが実現!と思っていたのも束の間、リバウンドであっという間に元の体型に…という経験は、少なからず誰でも経験していますよね。ダイエットの後のリバウンド、実は繰り返すと痩せにくくなる、肌が荒れる、さらに健康を壊すなどのおそろしいリスクが潜んでいます。そこで、ここでは、リバウンドのリスクと、リバウンドしない定番のダイエット、さらにリバウンドしないコツをご紹介いたします。



リバウンドしないダイエットでキレイにスリムになる5つのポイント
ポイント1:ダイエットのリバウンドとは?


ダイエットの後のリバウンドとは、一旦ダイエットで体重が減ったあとに、痩せる効果のある行動を止めてしまう、あるいはダイエット中のストレスが爆発するなどして、もとの体重に戻ってしまうことといいます。

一般に、ダイエットで体重が減っていくスピードに比べて、リバウンドで体重が元に戻るスピードは格段に早いものです。

そのため、リバウンドの結果、もとの体重を上回ってしまうことも珍しくありません。

ポイント2:ご存知ですか?リバウンドのリスク


■リバウンドのリスク
食事制限、あるいは糖質・脂質など一定の栄養素を極端に制限するダイエットをすると、体は飢餓状態となります。私たちの体は、厳しい環境下でも生き抜いていけるよう適応する力を備えていますので、飢餓状態と感知すると、従来より少ないカロリーでも生きていけるように代謝が落ちていきます。

つまり、ダイエットをして最初の頃はスルスルと面白いように落ちていた体重が、あるときからビクともしなくなります。

これが、ダイエットの際の「停滞期」の原因です。

さらに、ダイエット→リバウンドを繰り返すと、体は「また飢餓状態か」とすばやく適応してしまうため、どんなダイエットをしても痩せにくい体になってしまうのです。

■リバウンドのリスク②ホルモンバランスが乱れます
体内にはいくつもの種類のホルモン物質が存在し、体の器官を調整しています。異なる種類のホルモンがお互いに役割分担をしているため、その働きはとてもデリケートなバランスの上に成り立っています。そして、ダイエットとリバウンドを繰り返すと、ホルモンバランスが乱れやすくなります。

とくに女性ホルモンは、肌や髪のハリツヤ、そして脂肪の燃焼に大きく関わっていますので、ホルモンバランスが崩れた場合には、髪や肌のハリツヤが失われ、生理不順やPMS(生理前症候群)がひどくなる、さらには不妊症になりやすくなる、などのリスクがあります。

■リバウンドのリスク③肝臓の病気につながります
肝臓は脂肪燃焼にかかわる臓器です。ダイエット中には肝臓に送り込まれる脂肪が少なかったのに、リバウンドする際には急激に増えるため、肝臓に大きな負担がかかります。しかも、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、不調になってもすぐにはわかりづらく、何らか病気が発見されたときは手遅れということも多いものです。

苦労してダイエットしても、その後にリバウンドすることによって、どんどん痩せにくい体になり、しかも女性疾患や命の危険もある肝臓病のリスクも上がっていく…ダイエットを行う際には、いかにリバウンドしない方法をとるかということがとても重要なのです。

ポイント3:リバウンドしないダイエット①ヨガ・ピラティス


■リバウンドしない理由
ダイエットをしたいと思ったとき、体のどの部分のラインがどのようになったらよいか、考えてみましょう。

単に体重が数キロ落ちれば満足かというと、そうではありませんね?ヨガやピラティスは、深い呼吸を繰り返しながら、じっくりと体の各所をストレッチしていくものです。そのため、以下のような効果があります。

■ヨガ・ピラティスの効果とは
①血流やリンパの流れがよくなる
手足や顔のむくみがすっきりし、頑固な便秘も解消します。そのため、もともと運動不足や終日デスクワークをしている場合などは、廻りをよくするだけで、希望のボディラインに近づけます。

②呼吸が深くなる
女性はもともと呼吸が浅い場合が多く、十分に体内に酸素を取り入れていません。

胸を広げるポーズをとり意識して深い呼吸を繰り返すことで、体内にしっかり酸素を取り入れる習慣がつきます。
すると、脂肪が燃えやすく、痩せやすくなっていきます。

③しなやかな筋肉がつく
筋肉は、動かすことで熱量を発生させます。
その際に脂肪を燃やすことになりますので、ダイエットをしたければ筋肉をつけるのが早道です。

しかも、ヨガやピラティスでは、ゆっくりした動きで負荷をかけていきますので、女性らしい、細くてしなやかな筋肉がつきやすいのです。

ポイント4:リバウンドしないダイエット②ウォーキング


■ダイエット効果が高いウォーキング方法とは
ウォーキングをしてもなかなか効果が出ない、疲れるだけという場合は、その方法に問題があります。ウォーキングにもダイエットに効果的な方法・コツというものがあるのです。

①フォームを改善する
背筋を伸ばし、胸を開きます。
足の親指あたりで地面を蹴るイメージで踏み出し、かかとから着地します。両腕をしっかり振ると、二の腕のたるみもすっきりします。

②タイミングが重要
気持ちよく楽しく続けられる時間帯・タイミングがあれば、基本的にいつ行っても良いのですが、あえていつやるか決めるとすれば、「夕食後~寝る前」が良いでしょう。夕食で摂ったカロリーのいくらかがウォーキングで消費されると考えると、食べることの罪悪感やストレスが軽減されます。

また、寝る前に適度に運動することで深く眠れるようになるため、寝ている間の脂肪燃焼効果がアップします。

③何時間も歩かなくてOK
ウォーキングの時間の目安は、脂肪燃焼が始まるのに時間がかかるため「20分以上」です。何時間も歩いて疲労をためると、食欲が増してしまい、それを我慢するのにかえってストレスがかかってしまいますので、ほどほどにしましょう。

■ウォーキングダイエットでリバウンドしないコツとは
ただ一つ、「ダイエットの効果が出たあとも、ウォーキングを習慣として続けること」です。毎日決まった時間・コースを歩かなくても、体重が戻ってきたなと感じた時に、意識して停留所や駅をひとつ分多く歩く、エスカレーターではなく階段を使うなど、無理なく続けることが大切です。

ポイント5:全ダイエット共通の、リバウンドしないコツとは


①野菜から食べる習慣をつけましょう
ダイエットの後はつい食べ過ぎてしまうものですね。食前に1杯の水もしくは炭酸水を飲み、野菜→タンパク質→最後に炭水化物、という順番で食事するだけで、余分な脂質・糖質をセーブすることができます。

②朝食を工夫しましょう
朝食を食べると、食べない場合よりも脂肪燃焼の効果があります。

また、朝に酵素を摂ると、便秘が解消されたり基礎代謝があがりますので、バナナ・キウイなどの果物、小松菜などで作ったスムージー、サラダを食べましょう。

③質の良い睡眠をとりましょう
毎晩ぐっすり眠れていますか?質のよい睡眠をとっていると、過剰な食欲がセーブされ、脂肪燃焼の効率もあがります。一日デスクワークをしていると、脳だけが疲れて体は疲れていないというアンバランスな状態になり、眠りが浅くなりますので、眠る前に軽くストレッチするとよいでしょう。


さてさて今回ご紹介いたしました、リバウンドしないダイエットでキレイにスリムになる5つのポイントはいかがでしたか?リバウンドのリスクがどのようなものかを知るだけで、確実で安全なダイエット方法を選ぶ重要性がわかりますね。ストレスや食欲などをうまくコントロールし、適度な運動を取り入れれば、どんな方法でもリバウンドのリスクが軽減されるものです。そのためには、自分の生活スタイルや嗜好に合ったダイエット方法を選び、無理なく楽しく続けていきましょう。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.