プロシアニジンがもつ驚きの抗酸化作用で透き通る肌になる5つの方法

816129b005d850e785707b71828091ba_s
美しい肌を作り保つために、体内の酸化を抑える「抗酸化作用」は、、欠かせない成分です。
日々あらゆる抗酸化作用のある成分が話題となっている中、その効果の高さで注目されているのがプロシアニジンです。ここでは、プロシアニジンでいつまでも錆びない、ウルツヤの白肌をかなえる7つのポイントについてご紹介いたします。



プロシアニジンがもつ驚きの抗酸化作用で透き通る肌を手になる5つの方法
ポイント1:プロシアニジンは、ポリフェノールの一種です


■ポリフェノールは抗酸化作用を持つ化合物の総称です
「ポリフェノール」は、美容成分に詳しくない方でも「健康に良さそうな成分の名前」として耳にしたことがあるはずです。
植物の葉・茎などに多く含まれ、緑茶の渋みやベリー類の濃い色合い
のもとになっています。

フランス人が高カロリーの食事をしている割に心臓病で亡くなる確率が低い矛盾(フレンチ・パラドックス)に着目して研究されたところ、ワインに含まれるぶどう由来のポリフェノールが強力な抗酸化作用を持っていることがわかりました。

■ポリフェノールには多くの種類があります
名前の意味が「ポリ(たくさんの)」「フェノール」であるように、あらゆる植物の皮や実などに含まれ、自然界にはざっと500種類ものポリフェノールが存在していると言われています。

プロシアニジンも、ポリフェノールの1種です。そして、後でお話するように、「りんごポリフェノール」を構成する要素ともなっています。

ポイント2:プロシアニジンの抗酸化作用で錆びない美肌を手に入れましょう


■老化のもとになる「酸化」
私たちは日々、呼吸をしています。空気に含まれる酸素が、体の中で様々な栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。
ただ、全ての酸素を使い切ることはできず、残った酸素のために細胞が「酸化」していきます。

いわば、鉄などの金属が錆びるのと同様の状況です。
細胞が酸化すると、細胞でできている内蔵や血管の働きが正常に保てなくなります。すると、血管がもろくなって十分な酸素や栄養を体の隅々に届けることができずむくんだり生活習慣病を引き起こします。

■体が錆びると、お肌も錆びます
細胞が酸化すると、肌や髪にも重大な影響が出てきます。肌は、約28日周期で再生を繰り返しています(ターンオーバー)細胞が酸化すると、このターンオーバーが妨げられるため、古くなった角質の下から出てくるべき新しい肌が生まれてこないため、シミやシワ、白髪が増えるのです。

■抗酸化作用でアンチエイジング
酸化する原因は、呼吸で取り入れた酸素だけではありません。紫外線やストレス、不規則な生活による疲労などによっても、酸化のもと「活性酸素」が増えてしまいます。そこで、こうした活性酸素を除去したり、無害化したりするのがポリフェノールのもつ「抗酸化作用」です。活性酸素が増えすぎないように抑えることができれば、細胞は次々と再生され、シワやシミも薄くなっていきます。

また、血管や内蔵の働きも生き生きと活発になるため、体全体が若い状態を保つことができます。抗酸化作用がアンチエイジングに効果があるというのは、こうした仕組みからなのです。

ポイント3:プロシアニジンが多く含まれている、りんごポリフェノールが話題に


アサヒグループホールディングスと順天堂大学が、第14回日本抗加齢学会総会の場でアンチエイジングに関する研究発表を行ったのが話題となり、テレビでも取り上げられました。

■りんごポリフェノールに、驚きの抗酸化作用!
研究では、りんごに含まれているりんごポリフェノールの抗酸化作用が圧倒的に強力であることがわかりました。

同じく抗酸化作用のあるビタミン Cの600倍、赤ワインに含まれているポリフェノール「レスベラトロール」の実に3倍との結果です。
レスベラトロールは、ポリフェノールの中でも抗酸化作用が高い成分として人気のサプリメントの主原料にもなっています。

■りんごポリフェノールの主成分は、プロシアニジン
りんごポリフェノールは、複数のポリフェノールの総称です。そして、りんごポリフェノールの主成分が、プロシアニジンです。

ポイント4:りんごポリフェノールがかなえる美肌効果とは


うるつや赤ちゃん肌
りんごポリフェノールの主成分であるプロシアニジンは、他のポリフェノールを圧倒する抗酸化作用があります。そのため、肌のターンオーバーが正常に保たれ、新しい肌が次々と再生されます。そうして、赤ちゃんの肌のように弾力のあるうるつや肌を叶えてくれます。

透明感のある陶器肌
プロシアニジンは、悪玉コレステロール値を下げ、血液をサラサラにしてくれます。血流が良くなると、毛細血管を通じて肌の隅々に新鮮な酸素や栄養が送り込まれます。そうして、肌の透明感がアップします。

なめらかな白い肌
紫外線を浴びると、肌の中でメラニン色素が作られ、シミやソバカスのもとになります。
その点、プロシアニジンにはメラニン色素が多く作られるのを抑えてくれますので、シミやそばかす知らずの白い肌に導いてくれます。

アレルギーも怖くない
さらに、プロシアニジンには、アレルギーの原因となる酵素の働きを抑える効果があります。そのため、アレルギーによるポツポツやガサガサな症状を抑えたり和らげてくれます。

ポイント5:プロシアニジンを摂り入れるポイントとは


プロシアニジンが多く含まれているりんごポリフェノールは、りんご、そしてサプリメントでも摂取することができます。

■りんごでプロシアニジンを摂り入れるポイント
・皮ごと食べましょう
プロシアニジンは、皮に多く含まれています。

・熱に強いので料理に向いています
皮ごと食べられる焼きりんごやアップルパイなどがおすすめです。

・切ったらすぐに食べるか調理しましょう
りんごを切って置いておくと茶色に変色します。これが「酸化」現象です。切ったらレモン水や塩水につけてコーティングしておくとよいでしょう。

・赤いりんごより青いりんご
青りんごの方が、りんごポリフェノールの量が多く含まれています。

■サプリメントで摂り入れるポイント
プロシアニジンは、熟して甘いりんごよりも、未成熟の状態のりんごのほうに多く含まれています。サプリメントなら、酸っぱいりんごも飲みやすく処理していますので、より効率的にプロシアニジンを摂取したい場合は、サプリメントを利用してもよいでしょう。
「若摘みりんご」「未成熟りんご」を使用していると謳っているものなら、確実ですね。


さてさて今回ご紹介いたしました、プロシアニジンがもつ驚きの抗酸化作用で透き通る肌になる5つの方法はいかがでしたか?「1日1個のりんごは医者を遠ざける」という古くから伝わることわざの裏には、健康にも美肌にも絶大な効果をもたらしてくれるプロシアニジンの存在があったのですね。りんごは、年中どこでもお手軽に手に入れられ、生で食べてもサラダやスイーツに調理しても美味しく食べることができます。
また、りんごポリフェノールが話題になったことでサプリメントも続々発売されています。ライフスタイルや好みに合わせて、プロシアニジンを摂り入れ、いつまでも錆びない、ウルツヤの赤ちゃん肌を手に入れましょう。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.