目の下のたるみを改善してもっと若々しい笑顔になる7つのステップ

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s
見た目年齢を左右するポイントの第一番が美肌、そして次が目元・口元のコンディションです。口元のほうれい線、目元のたるみ・しわは、いくら肌をうるつやに保っていても一気に老け顔に見せてしまいますので、お肌のコンディションと同じかそれ以上にケアしておくべきといえるでしょう。
ここでは、目の下のたるみの原因を探り、改善して若々しい笑顔になる7つのステップをご紹介いたします。



目の下のたるみを改善してもっと若々しい笑顔になる7つのステップ
ステップ1:症状を正確に把握しましょう

ひとくちに目の下のたるみといっても、実はその症状は以下のようにいくつかに分かれます。
a)目の下の皮膚がたるんでいる
b)目の下のしわが影になってたるんで見えている
c)眼窩脂肪が膨らんでいる
d)目の下の部分がくぼんでいる

■症状ごとに対策が異なります
上記のうち、c)は、眼球のまわりにある「眼窩脂肪」という脂肪が飛び出している状態のことを言い、幼児期ないし20代など若い時期から膨らんでいるという人もいれば、徐々に膨らんできて中高年期にめだってきたという人もいます。また、上記の「ふくらみ」と加齢によるたるみとが、同時に存在するということもあります。

a)b)の皮膚のたるみや目の下のしわがたるみにつながっているという場合は、これから紹介する日常のケアを重点的に行えば改善が期待できます。

ステップ2:スキマ時間に簡単ツボ押しマッサージをしましょう


目の下のたるみの原因として最も多いのが、目の下の皮膚がたるむことです。
肌が老化すると肌組織を支えるコラーゲンが失われるため、ハリがなくなり、次第に肌が重力に負けていきます。

また、眼球を支えている筋肉も老化や疲労で退化して脂肪を支えられなくなり、それが目の下にたまっていくのです。

そのため、目の下はほかの皮膚よりも早くたるみやすいものです。

■目の周りには、たるみに効くツボがいっぱい!
目の周りには、ツボが集中しています。
そのうち、とくに3つのツボを覚えておき、学校や職場でのスキマ時間に押してみましょう。

太陽…両目の外側、こめかみにあるくぼみです。
目を閉じてそれぞれの太陽に親指を押し当て、ぐーっと力を込めてみましょう。
眼球だけではなく肌の血行もよくなります。

清明(せいめい)…目頭のやや上です
片方の手の親指と人差し指で鼻の根元の少し上をつまみます。
眼球を押さないように気を付け、数秒ずつぐっと押します。

承泣(しょうきゅう)…瞳の中心の真下、骨の縁のくぼみです。
目を閉じて、左右それぞれの中指と薬指の腹をそっと当てます。
ゆっくり数秒間押します。目の下は皮膚がデリケートですので、優しく押しましょう。

ステップ3:一日目を使った後は…目元をストレッチしましょう


PCにスマホ、毎日目を酷使していると、目そのものはもちろん、目の周りも疲労が蓄積し、老化スピードが加速します。
毎日、できれば朝晩、少なくとも就寝前にはしっかり目元の筋肉をストレッチして目の下のたるみをとりましょう。

■顔全体のストレッチから
「あ~!」と声を出しながら、口を思い切り大きく開きます。
次に「い~!」と声を出しながら左右に大きく開き、「う~!」では顔中しわくちゃになるくらい口をすぼめます。

そして「え~!」ではあごや首の筋肉が大きく緊張するのを意識しながら、「お~!」では顔全体が下に引っ張られるのを意識しながら口を開きます。
それだけでも顔全体の血流が促進され、そのあとに行う目の下のたるみをとるストレッチの効果がアップします。

■目の下のたるみをとるストレッチは「ムンク」。
名画「ムンクの叫び」をご存知でしょうか。
口を「お」の状態に開けている独特のムンクの表情を真似するだけで、目の下のたるみに効きます。
・「お」の形に口を開き、鼻の下をできるだけしっかり伸ばします。
・さらに目を大きく見開いて頭のてっぺんを見るようにします。
・さらに、その状態で下まぶただけを上げ下げしましょう。

ステップ4:上質な睡眠をとりましょう


目の周りの筋肉を衰えさせない、かつ目の周りの皮膚をたるませないために、上質な睡眠は欠かせません。

■重要なのは「時間」ではなく「質」
なかなか睡眠時間が確保できない、寝る時間がまちまち…という場合でも、そのためにストレスをためる必要はありません。
目の下のたるみをとるための睡眠には何より、「質」が大切なのです。
・シャワーではなく全身浴・半身浴で血行をよくする
・寝る前の2時間にはPC・スマートフォンの画面を見ない
・寝室はできるだけ真っ暗にする。家電製品のランプなども見えないようにしましょう。
・寝る前3時間は飲食を控えましょう。もしくは消化に良いものをつぁべましょう。

ステップ5:目の下のたるみに効く食べ物とは


■抗酸化作用の高い食べ物
老化によってたるんだ皮膚をぴんとさせるためには、まず抗酸化作用の高い食べ物でアンチエイジングを図ります。

・ビタミンE…アーモンドなどのナッツ類、抹茶、うなぎ、かぼちゃなど
・コエンザイムQ10…カツオ・サバなどの魚類、ブロッコリーやホウレン草など色の濃い野菜、
牛肉や豚肉、チーズやヨーグルト。

■ビタミンCは美肌の基本
ビタミンCが豊富なキウイ・イチゴなどの果物を朝食に摂ると、酵素も一緒に摂取できます。
パセリやブロッコリーなどの緑黄色野菜にも豊富です。

■たんぱく質も存分に
脂質の摂りすぎが気になる場合は豆乳やお豆腐など大豆製品をしっかり食べましょう。

ステップ6:クリニックでたるみをとりましょう


■眼窩脂肪が膨らんでいる場合
目の下のたるみのなかでも、眼窩脂肪が膨らんでいるタイプで、セルフケアではなかなか効果が現れない場合は、クリニックで治療を受けるとよいでしょう。

クリニックごとに施術内容が異なりますが、高周波レーザーで小さく切開することで傷やダウンタイム(腫れなどが引くまでの時間)を少なくしたり、皮膚を切らずに下瞼の裏から脂肪を抜き取るという方法が行われているクリニックもあります。

■目の下の部分がくぼんでいる場合
くまやたるみの段差の下に脂肪を注入するほか、余分な脂肪をくぼんでいる個所に移動させるという施術も行われています。

ステップ7:目の下のたるみを悪化させない・作らないために


目の下のたるみを解消することに加えて、悪化させない・作らないということも重要です。
・十分な睡眠をとる
・目が疲れないようにこまめに休憩やストレッチを行う
・運動や入浴で血行を良くする
・目の周囲をたっぷり保湿する
など、日々の生活で少しずつ気をつけることが大切です。


さてさて今回ご紹介いたしました、目の下のたるみを改善してもっと若々しい笑顔になる7つのステップはいかがでしたか?
目の下のたるみは、一度できるとなかなか消えにくいものですが、肌のたるみを原因とするものならばセルフケアで改善します。
こまめにケアをして若々しい笑顔でいましょうね。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     

<hr

免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.