水を飲むだけで、確実にすっきりダイエットできる5つのステップ

 

14167308547_d74bf1995d_o
世の中に星の数だけあるといって過言ではないダイエット方法。
その中でも、最もシンプルかつ確実なダイエット方法をご存知でしょうか?
それは、「水」ダイエットです!

それも、特別な水を用意する必要はなく、誰でも簡単にできるというのですから、トライしない理由はありません。ここでは、水を飲むだけで、確実にすっきりダイエットできる5つのステップをご紹介いたします。


水を飲むだけで、確実にすっきりダイエットできる5つのステップ

ステップ1:朝の一杯で強力デトックス!起きたら水を飲みましょう


寝ている間には、私たちの体から平均してコップ1~杯の水分が失われます。しかも、数時間も体を安静な状態にして筋肉を動かさないことから、一日で最も体温が低くなっています。そのため、寝起きの体の中は、血液がドロドロで流れにくく、老廃物が溜まっているという大変な状態になっています。

■朝の水が、老廃物を一気にデトックスしてくれます

そんな水分不足で血液ドロドロ状態のときに、1杯の水を飲むと、砂漠の砂が水を吸うように、とても素早く水が体に浸透していきます。朝飲んだ水は、血液をサラサラにしてくれますので、全身の血流がアップします。全身の血流がよくなると、まず内蔵に酸素や栄養分が運び込まれ、代わりに寝ている間にたまった老廃物が運び出されます。

便秘は、食べた物の老廃物が腸に溜まっている状態です。血流が良くなると、腸のぜんどう運動が促され、腸がたまった便を押し出そうとします。

また、腸内に水分が満たされると、溜まって硬くなった便が柔らかくなるため、外に出やすくなります。こうして、朝からスッキリとお通じがやってくるのです。

腸内環境が整うと、太りにくくなります。腸内には善玉菌・悪玉菌とよばれる無数の細菌が住みつき、腸の働きに影響を与えています。

悪玉菌が増えると、うまく老廃物を排出することができなくなり、便が腐敗してガスが発生し、それが血液を通じて体の各所に送られるため、肌荒れやむくみの原因になります。一方、腸に新鮮な酸素や水分が運ばれてくると、善玉菌が増えて、悪玉菌を減らし、腸に送られてくる老廃物を速やかに外に出してくれます。

こうして腸内環境が良くなっていくと、老廃物を排出するスピードが高いため、従来と同じ量の食事をしていても太りにくくなるのです。

ステップ2:食べるその前の1杯で、食べ過ぎをセーブしましょう


水ダイエットで朝一番に飲むことの次に効果的なのは、食事の前に水を飲むことです。空腹の時は、つい食べる速度が上がるうえに、脳が満腹と感じるのにタイムラグがあるため、つい食べ過ぎてしまうものです。なかなか食べる量をセーブできないという人は、食事の前にコップ1杯の水を飲みましょう。そうすることで空腹感が和らぐうえ、胃の中に水があるために大量に食べることができなくなります。

炭酸水でさらに満腹感。炭酸水を食前に飲むと、炭酸ガスの働きで水を飲む場合よりも早く効果的に満腹感をえることができ、おすすめです。

ただし、炭酸水は糖分や添加物の入っていないものを選びましょう。

また、炭酸水に似ているビールはアルコールや苦味などと相まって、食欲を増進する働きがありますので注意しましょう。

ステップ3:コーヒーやお茶・ジュース…飲み物を水に置き換えましょう


私たちが摂るべき水分の量は、1日あたり2リットル程度です。

ただし、食事にも水分が多く含まれているため、食事で摂れる水分を除くと1.5リットルの飲料を飲むのが良いということになります。

必要な「水分」とは「水」だけです

ここで注意すべきなのは「私はコーヒーを1日3杯・600ミリリットル程度飲むから、あと900ミリリットル」ということではないということです。

コーヒーやお茶にはカロリーはほとんどありませんが、カフェインなどの成分が含まれています。カフェインには利尿作用があるため「水分」としてカウントすると、結果的に体の水分量を保つことができません。

また、カフェイン以外の成分も、体の中に入ると内蔵で分解・吸収することになります。そうした過程にも水分が必要になるため、何らか成分が溶け込んだ飲料は、「水」にはカウントすべきではないのです。

飲料を水に置き換えましょう

水ダイエットをするからといって、水以外の飲料を飲んではいけない、というわけではありません。コーヒーやお茶にはリラックス効果が高く、フレッシュジュースにはデトックスに効果的なビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。

まず1日あたり1リットルないし1.5リットルの水を飲むということを優先的にしつつ、コーヒーやお茶を飲む量を調整しましょう。ただ、市販の飲料には砂糖、そして保存料や人工甘味料などの食品添加物が含まれているものがあります。

これらは体の中で分解する過程で肝臓など内蔵に負担をかけデトックス効果を下げてしまいます。添加物や甘味料の入っている飲料は、全て水に置き換えましょう。

ステップ4:1日を通して、少しずつ水を飲みましょう


ダイエットの効果を上げるためだからといって、一日分の水を一気に飲むのは逆効果です。

水ダイエットのポイントは、体の隅々の細胞にまで、しっかり水分を行き渡らせることです。一気に水を飲むと、水分が全身に行き渡る前に尿として出て行ってしまいます。1回に飲む量は、コップ1杯程度を上限にして、1日をかけて必要量を少しずつ飲みましょう。

■水を飲むタイミングの目安とは

・起床時

・食事の前

・運動をするときはその前・途中・後

・日中活動をしながら

・入浴前後

・就寝30分前

ステップ5:注意点を守って、安全に飲みましょう


水そのものには何ら害はありませんが、飲み方を間違うと、ダイエットの効果が出ないばかりか健康にも影響します。

腎臓の働きが弱い人は水の量に注意しましょう

腎臓の働きが悪い人は医師に相談しましょう。もともとほとんど水分を摂らない、コーヒーやアルコール以外は水を飲む習慣がない人は、いきなり1リットル~の大量の水を飲まず、まずは朝の1杯から始め、少しずつ飲む量を調整しましょう。

水は、常温で飲みましょう

女性の体は冷えやすく、体温を上げにくいものです。
そして、冷えがたまると子宮や内蔵の働きが弱くなり、むくみや女性疾患の原因になります。

水に限らず、体温より低いものはなるべく飲食しないよう心がけたいものです。水は常温で飲みましょう。
ぬるい水が苦手な場合は、レモンを絞ったり、炭酸水にしてもよいでしょう。

胃の働きが弱い時は控えましょう

食事量を減らすために食前に水を飲むと、胃液が薄くなり、飲まない場合と比べると消化力が弱くなります。

睡眠不足や疲れがたまっているとき、体が冷えている時などは胃の働きが弱くなっているため、水を飲んで胃液を薄めると消化不良を起こしてしまいます。


さてさて今回ご紹介いたしました、水を飲むだけで、確実にすっきりダイエットできる5つのステップ はいかがでしたか?
ここで紹介したステップは、水ダイエットの重要な基本です。

基本の段階では、辛いカロリー制限やきつい運動をすることよりも、まず体の血液の廻りを良くしてデトックス効果を高めることから始めましょう。めぐりのよい体を作ると、太りにくく痩せやすい体質に変わっていきますので、ぜひ毎日の生活にとりいれてくださいね。

彼はあなたの運命の人? 本当の幸せを掴む方法試しました?
      
97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が大人の女性から大人気!

不倫をしている人も、片思い中の人も、自分の本当の運命の人は
誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される
『大願成就』が大好評です!

今ならなんと『初回限定無料』で鑑定してもらえます!

本当の幸せを掴む方法が気になる人は是非やってみてください。
     


免責事項

Copyright (C) 2014〜2016 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.