吹き出物をキレイな素肌にする最強な5つの治し方

女性
女性にとって、美しい素肌は永遠の憧れ!ツルツルの陶器肌で、毎日を過ごしたいものですよね?

けれどもどんなにスキンケアを徹底していても、仕事や人間関係のストレス・睡眠不足・乱れた食生活・生理周期によって、吹き出物が出てしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、突如現れた吹き出物をきちんと治して、キレイにする方法をご紹介します。美しい肌の持ち主は、女性としての魅力がアップすること間違いなし!一緒に確認していきましょう。
[続きを読む…]

吹き出物に効果絶大☆簡単な治し方でピカピカ素肌になる6つの法則

dullness_skin
思春期や若いころは「ニキビ」に悩まされた方も多いと思いますが、大人になってからは「吹き出もの」に悩まされている女性は多いのではないでしょうか。

大人になってから出来る吹き出ものは簡単に自分で治す方法はないのでしょうか。今回は吹き出ものに効果絶大の簡単な治し方6つの法則をお伝えします。
[続きを読む…]

メチルスルフォニルメタンで赤ちゃん肌を手に入れる5つのポイント

77e522ae9e52f41e18169e05262ee242_s
メチルスルフォニルメタン…
通称MSMをご存知でしょうか?
「メチル…」「…メタン」?とても、健康、ましてや美容によい成分には聞こえませんね。このメチルスルフォニルメタン、膝や関節痛を和らげる効果があるとして、サプリメントに配合されています。

膝や関節痛というと中高年のイメージですが、実は、肌や髪を強くしなやかにしてくれる効果もあるのです。しかも、副作用等のリスクもぐんと低いというのですから、日々美しさを追求する女性としては、チェックしてみたい成分ですね。
そこでメチルスルフォニルメタンの基礎知識をふまえて、ぷるぷる赤ちゃん肌を手に入れる5つのポイントについてご紹介いたします。
[続きを読む…]

顔のシミに化粧品の成分を知り美肌になる8つのステップ

女性
顔にシミができると、それだけで5歳も老けて見えてしまうのはご存知ですか?
それだけシミが顔全体にもたらす影響は大きいのです。ではシミはどのように対策したら良いのか?

今回は、顔のシミに効く化粧品の成分について、8つのステップでご紹介いたします。
[続きを読む…]

簡単ピーリングで短期間にぷるるん素肌を取り戻す5つのスゴイ方法

女性
肌に潤いがないだけでどれくらい見た目年齢が上がってしまうかご存知ですか?実は5歳も年上に見られてしまうのです。いかに素肌をキレイにしなければいけないかという事を思い知らされますよね。そこで今話題を集めているのがピーリングです。

ピーリングとは皮をむくという意味があります。このピーリングで短期間に素肌に潤いを与える方法があるのです。今回はそのスゴイ方法を5つご紹介いたします。
[続きを読む…]

簡単ピーリングでうるつや素肌になる7つのステップ

4a9e2f804d71711afc80863a4cbcdeb7_sスキンケアの定番ともいえる、ピーリング。そもそもピーリングの意味は?私の肌に効果があるの?どんな方法があるの?意外と知らないピーリングについて確認しながら、簡単ピーリングでうるつや素肌になる7つのステップをご紹介いたします。

簡単ピーリングでうるつや素肌になる7つのステップ
ステップ1:そもそもピーリングとは?どんな効果があるのでしょうか?


ピーリングとは英語で「peeling」、皮をむく・はがすという言葉から来ています。

その言葉のイメージ通り、肌をひと皮もふた皮もむいたかのように、うるつやな仕上がりになるスキンケア方法です。

■ピーリングの趣旨は、肌のターンオーバーを整えること。

肌は約28日周期のターンオーバーを繰り返す過程で、うるつやの状態を保とうとしています。けれども、紫外線をはじめとする外部からの刺激、ストレス、老化などによりターンオーバーが乱れてくると、肌の表面に角質が溜まっていきます。

この角質が肌のくすみやにきびの原因になります。ピーリングは、ターンオーバーを正常にすることによって角質を速やかに肌から落とし、角質の下から赤ちゃんのようなうるつや肌を再生させてくれるのです。

■ピーリングが効果を発揮する肌の症状とは

・くすみ、薄いシミ
・毛穴の黒ずみ、ニキビ
・小じわ…など、幅広い肌の悩みを解決してくれます。

■効果が期待できない症状とは

ターンオーバーの乱れや角質がたまったことによるものに効果がが発揮されますので、たとえば、シミに分類される中年期以降の肝斑などには効果が期待できません。また、真皮にまで到達しているほどの深いシワにも同様です。

ステップ2:ピーリングの注意点とは


効果が高く、しかもスキンケアの中でも即効性があり目に見えて肌がよみがえるピーリング。それだけに用法を誤ると、かえって効果がないばかりかトラブルの原因になってしまいます。

■ピーリングを受け付けない肌の状況とは
・妊娠中・授乳中…ホルモンバランスが乱れていて、肌の状態がとてもデリケートな時期です。
肌に刺激を与えるピーリングは、避けましょう。

・生理前…この時期もホルモンバランスが乱れやすくなり、肌が敏感になっています。

・重度の乾燥肌・敏感肌…そもそも刺激にとても弱いタイプの肌質の方にとってピーリングは、さらに悩みを深めてしまいます。
少なくとも、セルフピーリングは避け、医療機関で相談しましょう。

■ピーリング使用中は肌を丁寧に扱いましょう

・セルフで行う場合、新しい製品を初めて使用する際には、必ずパッチテストを行いましょう。

・ピーリング後は、紫外線対策を万全に!
ピーリングケアをして古くなった角質が落ちたあとの肌はとてもデリケートです。

・クレンジング・洗顔は摩擦係数ゼロを目指して!
クレンジングや洗顔、基礎化粧品を付けるとき、肌には想像以上の負荷がかかっています。
くれぐれもこすらず、そっと行いましょう。

ステップ3:セルフピーリングの第一歩は、洗顔から


セルフピーリングの種類・グッズは、大変多く揃っています。そのなかで、ピーリングの第一歩と言えるのが、ピーリング効果のある洗顔料を使った洗顔料です。
その多くは、AHA(フルーツ酸)が配合されています。AHAはグリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・酒石酸・乳酸・シトラス酸などの総称で、フルーツなど自然由来で、酸のなかでは刺激が少ないため、手軽に使用することができます。ピーリング効果のある洗顔料を使うと、AHAが肌表面の古い角質を柔らかくして、はがしやすくしてくれます。

■洗顔ピーリングのポイント
肌への刺激は少ないとはいえ、角質を溶かすほどのパワーはありますので、ゴシゴシこすることは厳禁です。ネットなどでしっかり泡立て、たっぷりの泡で肌を包むように優しく洗いましょう。

ステップ4:ふき取り化粧水でソフトピーリング。朝の一手間で、垢抜け肌に!


コットンに含ませて肌表面を滑らせる、ふき取り化粧水。その歴史は古く、クレンジング剤をなじませて洗顔するというメイク落としのスタイルが広まるまでは、定番のスキンケア方法でした。化粧水の一番の目的は、洗顔後のデリケートで乾燥しやすい状態の肌に素早く水分を届け、保湿することです。

ふき取り化粧水はさらに、肌の表面に残った汚れや古い角質を拭き取る性能をプラスしたものです。

■朝の拭き取りで、ぐんと化粧のり・もちがアップ!
眠っている間には、肌の奥では新陳代謝が活発に行われ、それにともなって毛穴から皮脂が多く分泌されます。

そのため、朝起きた時の肌・毛穴には脂性の汚れが溜まっています。
けれども、熱いお湯やオイルクレンジングなどでしっかり洗い流してしまうと肌の表面を守るための脂分まで失われてしまい、乾燥がひどくなってしまいます。そこで、朝の洗顔は、体温に近い温度のぬるま湯を使い、マイルドな成分の洗顔料をしっかり泡立てて優しく洗います。

そして、大まかに水滴をタオルで吸い取ったら、コットンにたっぷりふき取り化粧水を含ませて、肌の上を滑らせましょう。

ポイントは、急がず力をいれないということです。
脈拍の速度に合わせてじっくりと、肌を押さないようふんわりとコットンを肌に密着させ、小鼻・ほうれい線・目の周り…と滑らせます。このひと手間で夜の間にたまった皮脂や汚れをすっきりふきとりながらも、潤いをあたえることができます。

肌のくすみが払われるので、肌のトーンがあがります。
また、余分な皮脂を覗くため、化粧のり・もち共にぐっとアップします。

ステップ5:ふき取り化粧水でソフトピーリング。夜のお手入れで、肌の底力がアップ!


ふき取り化粧水は、夜のケアでも大活躍します。洗顔後に、おおまかに水滴を拭き取ったあと、化粧水をたっぷり含ませたコットンで、肌をなでるように滑らせます。

■夜のふき取り化粧水の、ここがポイント一日の皮脂汚れとメイク汚れは、合わさると頑固な汚れとなって毛穴にたまります。

かといって、毛穴の汚れを一気にきれいにしようと、クレンジング力の強いクレンジング剤を使ったり、小鼻の毛穴を刺激したりすると、肌表面を痛めてしまうだけではなく、防御作用が働いて肌が硬くなってしまいます。

洗顔後に柔らかくなった肌に、ふき取り化粧水を含ませたコットンを滑らせると、毛穴の汚れが自然に浮いて取れやすくなります。さらに、コットンをしばらく汚れが気になる箇所においてパックしてから滑らせるとさらに汚れがきれいに落ちます。

毛穴の皮脂は時間とともに酸化して黒ずんでしまいますので、その日のうちに優しく除去しておくのが重要なのです。

肌表面・毛穴ともにきれいにしておくと、寝ている間にコラーゲンが再生され肌の表面に出てきやすくなります。そのため、寝る前にきちんとふき取り化粧水でケアすると、起きた時にうるつや肌の感動が待っていますよ。

ステップ6:ポロポロ、面白いように角質が撮れる!ピーリングジェルも取り入れましょう


ピーリングジェルには、AHAがたっぷり含まれており、使った瞬間から肌がワントーン明るくなります。しかも、ピーリングジェルの使い方はいたって簡単です。適量を手のひらにとり、鼻の周辺から外側に向かって、顔全体や首・デコルテへと伸ばします。

そのままジェルを伸ばしながらくるくると手のひらを動かしていると、ジェルが乾燥して次第にポロポロと消しゴムかすのような状態になります。ぬるま湯でそれらをさっと洗い流すと、ピカピカの肌が現れるのです。

ピーリングジェルには美容成分が含まれているものが多く、洗い流したあとがすっきり・しっとりしていて、そのあとにつける化粧水の吸収もよくなります。手軽で効果が目に見えることから、クセになりそうなピーリングジェルですが、くれぐれも使いすぎには注意しましょう。

角質が溜まっている、初めてピーリングするという場合は1日おき、普段洗顔やふき取り化粧水ケアをしているという場合は週に1~2度が限度と考えましょう。

ステップ7:月に一度の角質掃除!スクラブピーリング


市販されているスクラブ剤は、ジェルやクリームのなかに果物の種を砕いたものやハーブ、塩の粒が入っています。ジェルやクリームで肌全体を柔らかくし、含まれているつぶつぶが肌の上を転がって角質を落とすという仕組みです。

■スクラブケアの注意点

スクラブケアは、角質除去の効果が目に見えてはっきりわかりやすく、また、洗い上がりに肌が軽くなった実感が大きいことから、つい頻繁にやってしまいたくなります。

ただ、思い出してください、ピーリングの目的は肌のターンオーバーを「整えること」です。必要以上に角質を除去してしまうと、まだ肌の表面に出るべきではない段階の若い肌組織が表に出てしまい、肌のバリア機能が失われてしまいます。

すると、ピリピリ痛くなるばかりではなく、炎症を起こす原因となります。
また、肌に摩擦を与えすぎると、防御反応が起きて肌の表面が硬くなってしまいます。
生理前後は避ける、回数は月に1回程度から始める、日頃しっかり角質ケアをしている場合は頻度をさらに下げる…などの注意が必要です。


さてさて今回ご紹介いたしました、簡単ピーリングでうるつや素肌になる7つのステップはいかがでしたか?ピーリングは、セルフでも簡単にできるうえに、速攻うるつや肌を手に入れることができる、とてもおすすめのケア方法です。ただ、女性の肌はとてもデリケート。体調・ホルモンバランスや気温・湿度など、絶妙なバランスの上に美肌は成り立つものです。効果が高いだけに、セルフで行うピーリングは、やりすぎに注意です。
無理なく適度なピーリングを取り入れて、うるつや肌を保ちましょう。

美肌を手にしたキレイ女子がこよなく愛する食べ物10選

女性
美肌を手に入れるのに、最も大切なのは日々の食事です。なぜなら私たちの細胞・肌は、口にする飲み物・食べ物から成っているのです。「まごわやさしい」という言葉を聞いたことはありますか?これは、医学博士の吉村裕之先生が提唱する、バランスのよい食事を実現する食材の頭文字です。

「まごわやさしい」の7つの食材は、美肌作りにも欠かせません。美肌を手にしたキレイ女子がこよなく愛する食べ物のなかでも、「まごわやさしい」を中心に、手に入りやすいおすすめの10選をご紹介いたします。
[続きを読む…]

アスタキサンチンの効果でもっとキレイ女子になる7つのステップ

サーモンアスタキサンチンは、往年のアイドルの松田聖子さんがほっぺにオレンジ色のジェルをちょこんと乗せて微笑む、化粧品のCMで一気に評判になりました。
このアスタキサンチン、単に美肌などのキレイ作りに一役買うだけではなく、身体そのもののアンチエイジングや健康増進に大きなパワーを発揮することがわかってきました。今回はアスタキサンチンについて知り、そして効果的にキレイになれるステップをご紹介します。
[続きを読む…]

免責事項

Copyright (C) 2017 Beauty Girl-Life All Rights Reserved.